本日は、HaNaRaLaで使われている市松模様についてご紹介

本日は、HaNaRaLaで使われている市松模様についてご紹介
市松の名前の由来は、江戸時代中期に佐野川市松という人気役者が舞台衣装で白と紺を色違いに並べた模様の袴を身につけて登場したところ、女性の間で大人気に。それがきっかけで「市松」と呼ばれるようになりました。歌舞伎役者の名前が由来になったそうです。市松模様は上下左右に途切れることなく終わりのないイメージなため「永遠」「発展」「繁栄」の意味を持つ、縁起の良い柄として知られています。その為、市松模様の入ったアイテムは、事業拡大や子孫繁栄などの願いを込めたプレゼントにぴったりなんですよ🎁大切な誰かへの贈り物としていかがでしょうか?

人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせはこちらまで

PC表示SP表示

お問い合わせ